大空よ永遠に

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩国FSD2017 パート1

<<   作成日時 : 2017/05/19 11:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

初めての岩国FSDに行ってきました。
会社の方々と2月の頭から旅程を練りだしあらかじめ航空券を取っておいてもらったのでGWの超繁忙期でしたが困ることなく岩国へ。
前日の仕事は休むことができなかった為に当日の岩国に向かう始発(7時5分羽田発)に搭乗。
岩国に到着したあとは空港から徒歩で入場ゲートまで向かいました。
もしかするとフライトに間に合わないんじゃないかという恐怖もありましたが、手荷物検査が思ったよりもスムーズでフライトには余裕でした。
では地上展示から、展示機数がハンパじゃないので細かく分けます。

まずは海兵隊エリアに並んだ展示機から。
基地の北側に当たるところですかね?

画像
韓国に展開しているCH-53Eが展示されていました。
去年の三沢基地航空祭で展示された時と同じ部隊だったのでシリアル被りを心配しましたが嬉しいことに違う機体でした。
海自からMH-53Eが退役し、海外に部品を売るみたいな話がありますがどうなのでしょ。
この機体もその関係で友情参加との話もちらっと耳にしました。

画像
厚木に続きE-2Dの600が展示。
色付きや未だに残っているABレターの展示を期待しましたがノーマルでした。
これからリバティーに変わり日本の空でも活躍してもらいたいですね。

画像


画像


画像
どちらかと言うと地味な部類に入るUC-12W・UC-35D・C-12Jが並んで展示。
周りにギャラリーも少なく撮影も楽々でした。
日々のローカル撮影だとどうしてもカメラを向けることが少ない機体達なのでこうやって至近距離で撮影できたのはいい機会になりました。

画像
UC-12Fは上の3機種とは離れた場所に展示。
閉門間際に行ったとはいえ相変わらずガラガラ。

画像
ロープがないのでこちらも閉門間際の撮影になったKC-130J
MC-130Jも同様に撮りましたが、こちらはギャラリーが入った写真しか撮れなかったので割愛。

画像
現在、世界一周のワールドツアーを行っているブライトリングのDC-3
千葉で行われるエアレースへのゲスト参加も正式に決まっているのでしばらく日本には居そうですね。
現在、世界で残っているDC-3は150機程度らしく貴重な存在。
展示中もクルーがメンテナンスを行っている姿が印象的でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩国FSD2017 パート1 大空よ永遠に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる