大空よ永遠に

アクセスカウンタ

zoom RSS 北宇都宮駐屯地 開設45周年記念行事 パート1

<<   作成日時 : 2018/06/04 11:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2年振りに北宇都宮へ行ってきました。
去年は静浜とバッティングしてしまい静浜を選択、今年は静浜に行くことができなかったので北宇都宮へ。
朝6時半に埼玉を出発し8時過ぎに現地着。
既に開門していたのでエプロンに行くと既にAPUを回している機体がチラホラ。
まずは飛行展示編から撮影順に上げていきます。

画像
地上展示が並ぶ北側エリアに置かれていたUH-60JAが既にAPUを回していたので急いで撮影。
今まで自分が行った年は最初から滑走路横に機体が並べられている状態でしたが今年から変更されたのでしょうか?

画像


画像
それにしてもとんでもないくらい機体までの距離が近くダウンウォッシュもすごかったです。
こんなに迫力あるヘリの姿を見たのは久しぶりで思わず興奮してしまいました。
いろいろな角度から撮影ができこの時点で既に大満足。

画像
大編隊の離陸が10時5分からと言うことで駐屯地の南側へ移動。
正面から離陸を見ました。
今年はTH-480B×7・UH-1J×3・UH-60JA×3・CH-47J×2の15機編隊。

画像
大編隊通過後は来賓の前で各機がご挨拶。
すべての機体が来てくれたおかげでまとめてシリアルの記録ができました。
代表してUH-60JAを。

画像
官庁のフライトのあとはお待ちかねの自衛隊による飛行展示。
今年もUH-60JAはエリアをうまく使い縦横無尽に飛び回る迫力のフライト。
バックが重くなるのを嫌い500ミリを持って行かなかったのですが300ミリでも十分すぎるカットが撮れました。

画像
飛行展示の大トリは11時半からのブルーホーネットによるフライト。
さすがにこの時間になるとトップになり光線的には厳しいところ。
まずはフルメンバーで会場上空をパスした後、ソロ機が離脱して演目に移行。

画像
機動性に関してはOH-6Dと変わらないほど俊敏な動きです。
編隊が会場上空に戻るまではソロがしっかりと楽しませてくれます。
今年もスニークパスがありましたが動画で撮ればよかったと今になって後悔・・・。

画像
すべての演目が終了したあとは編隊の6機が来賓の前に集合してご挨拶。
TH‐480Bは小柄な機体のため大きく被写体に残すのは難しいですがこれだけ撮れればシリアルにカウントできます。
今年はポジションナンバーも付けられどことなく本家ブルーインパルスを彷彿とさせてくれますね。

画像
エンジンカット後の列線

画像
今回の参加メンバーが機体の前で記念撮影していました。
6番機を操ったパイロットは今回でスカイホーネットから数えると通算16回目のフライトのようです。
しかしながら今回でラストフライトのようで花束が送られていました。
長い間お疲れ様でした。

次回は地上展示へ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北宇都宮駐屯地 開設45周年記念行事 パート1 大空よ永遠に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる